欠かせないサービス

現代の日本では、少子高齢化、未婚率の増加の影響で、単身世帯が増えているといわれています。そのために、高齢者の孤立死が増えています。そのような状況下で、亡くなった人の持ち物を整理する遺品整理サービスの需要が高まっています。 遺品整理業は、故人の身の回りの品や家財を整理するのが主な仕事です。その他にも、リサイクルできる品物を買取するサービスも行います。あるいは、故人と疎遠だった遺族に、遺品からうかがえる人柄を伝えることもあります。 また、自殺、事故死などがあった部屋の整理に携わることもあります。そのため、遺体の腐敗による異臭や感染症を防ぐ為に、除菌、消臭なども仕事で行います。大切な人を亡くした方にとって、なくてはならないサービスです。

遺品整理業は、現代日本においてなくてはならないサービスです。しかし、実は遺品整理に関する法整備はほとんど整っていません。なので、昨今では悪質な遺品整理業者も少なからず存在します。その証拠に、収集した大型ゴミの不法投棄、法外な費用を請求するなどのトラブルが各地で相次いでいます。 きちんとした業者を選ぶためには、まず遺品整理士という資格を持った業者に依頼することが大事です。この遺品整理士というのは、一般社団法人「遺品整理士認定協会」が認定する民間資格です。この資格があることで、遺品整理の知識が深く備わっているという証になります。 その他の選び方は、遺品整理士認定協会のホームページに推薦企業があります。この中から選べば、失敗することはありません。