自分で出来ない場合

遺品整理を業者に依頼する際、気を付けることがいくつかあります。 まず、遺品整理のサービスでは処分できないものがあります。主なものは仏壇です。 仏壇の処分には基本的にお寺にお願いして供養してもらうことが必要になります。 ただ、業者によっては気にせずそのまま処分するところもあるようなので、事前に相談しておいた方が良いでしょう。 また、個々の遺品にかける気配りの度合いも業者によって大きく異なります。 遺品整理を不用品の処分と割り切ってスピード重視で作業を進める業者もあれば、遺品の一つ一つに配慮して丁寧に扱う業者もあります。 遺品整理といっても整理の仕方について色々な考え方がありますので、依頼主と業者で遺品に対する姿勢がなるべく近いところを選ぶことが大切です。

最近は遺品整理の業者も増えてきており、依頼前に知っておくと助かることもあります。 まず、見積もりを取る際には、事前にその業者の営業年数をチェックしましょう。 やはりその地域で長く営業している業者は信頼できる場合が多いです。 反対に、営業年数がはっきりしない場合は見積もりを取る際も注意した方が良いでしょう。 また、見積もりに来た人が当日の作業に立ち会うのかも確認しておきましょう。 見積を行った人が当日不在の場合、作業者から「これは事前に聞いていないので追加料金が・・」などと言われてしまう場合があります。 せっかく事前に条件を詰めているのですから、見積もりに来た人が当日も作業に立ち会ってもらえるようお願いするか、どうしても無理なら別の業者も検討した方が良いでしょう。 インターネットで業者の情報も事前に取得することができますので、良い業者を選ぶためにはあらかじめ情報を仕入れておくことも必要になってきます。